本来の意味でのSEOとは違って

SEOと言うのは本来は検索の便宜を図るためのもので、価値のないサイトを検索から外す一方で優良な情報を提供しているサイトを検索上位に持ってくるための技術です。

しかしインターネットが現在のように社会に対して大きな影響力を持つようになるとこういった本来の意味でのSEOとは違って、企業などの宣伝と言う側面からSEO対策という言葉が生まれるようになりました。

それについてさまざまな意見があるでしょうが、企業サイトというのは情報源としては価値の高いものだし、SEO対策のことなら「SEO魂」そういったサイトが個人で運営されているブログやホームページより検索上位に来るのはネットのユーザーとしてもありがたいことです。

また企業がSEO対策を本格化させることで、個人でのSEO対策が無意味になっていることも悪いことではありません。

そうすることで個人ブログはSEOを気にすることなく自分の意見を述べることが出来るようになったし、SEO的には効果の薄いとがった意見も述べやすくなったと言えるでしょう。

Comments are closed.